他の鳥さんたち2018年02月20日

 昨日の朝の鳥見で撮ったヘラサギ以外の鳥を見てみよう。
 川鵜かと思って撮った直後に水中に潜って出てこない。家に戻ってからディスプレイで見たところ、モヒカン刈りのカンムリカイツブリだった。

 魚を狙うアオサギとダイサギ。

 アオサギが魚をゲット!

 川沿いの道を家に歩いて戻る途中でカササギのツガイがいた。

 ヨシガモの雄が岸辺に上がっている。
 ファッションセンスのいいカモだ。顔の金属光沢のある羽毛は見る角度によって色が変わる。

飛ぶ姿を撮る2018年02月20日

 きょうは、潮時(朝の干潮)のいい日で、かつ晴れ上がった風のない朝だったから、朝の7時50分から今津干潟で鳥見をした。鳥見には朝が一番だ。餌取りがあるから動きが活発で見応えがある。
 今期のヘラサギはクロツラヘラサギばかりだったが、ヘラサギ(私としてはシロツラと呼ぶ)が5匹ほどの群れでいた。右後ろのクロツラと一緒に撮ったから違いが分かるだろう。
 だんだんと暖かくなったから、そろそろヘラサギのクロもシロも避寒を終えて生まれ故郷へ飛んで戻るだろう。
 3.7KgのNikon D3と200-500mmレンズを携えて、飛翔するヘラサギを撮ってみた。NikonのP900よりは動く被写体を撮るには有利だが、まだ慣れていないシステムであるから、写真の出来としての成功率は低い。
 朝の光を浴びるから色が赤っぽくなる。このシロツラが着水する直前↓まで連写で撮ったがピンぼけのコマが多かった。

 サギとは違ってトキの種類であるから首を伸ばして飛ぶ。飛んでいる姿はスマートでいい。
 私には、きょうをもってヘラサギとはお別れになってしまうかもしれない。

C-Loop2018年02月19日

 3.7Kgになるレンズとカメラを肩がけで荷なうために買ったのが、C-Loop という商品名の回転ストラップマウントだ。
 アルミ製の小さなものなのに、ヨドバシで 5,310円もしてお高いが、丈夫そうで、使いやすそうだから買ってみた。それで3日間の鳥見ツアーをして、強度があり、使い易いことに納得できた。

 先だって、YouTubeで、この C-Loop の強度テストをやっている映像を見付けた。
 CanonのEOSに付けたC-Loopでトラックを引っ張っている。
 C-Loopは、トラックの重量というよりも、引っ張っている男の体重ぐらいなら壊れはしないようだから、私の3.7Kgのカメラとレンズの重量ぐらいは余裕で耐えることができるだろう。
 取り外しが簡単であるから、NikonのP900を持ち運ぶときにも、これを使っている。
 P900の三脚ネジ穴をチェックしてみると、ヘリサートを使っているようだ。C-Loopよりもそっちのほうが気になる。P900の重量は900gだから、ヘリサート雌ネジ穴が壊れることはないと思うが。