ギリシア人の物語 Ⅱ2017年07月05日

 3ヶ月の順番待ちの末、図書館から借り出してきた塩野七生の「ギリシア人の物語」のⅡ。
 1巻目は、昨年6月、4ヶ月近い順番待ちの末、4日間で読み終えた。
 ところが、一年近いブランクがあると、1巻目がどういう内容だったか忘れている。
 幸い、巻末に紀元前546年からの年表があるから、それを読み直し、思い出してから2巻目を読むことにする。
 全巻(3巻)が出揃って、その数年後に借り出して一気に読むほうがいいのだろうが、数年後の私がどうなっているか分からない。読もうという気力のあるときに読んでいく。
 著者の塩野七生氏は7月7日で御年おんとし80の傘寿さんじゅになられる。一般的に女性は男よりも長生きで元気だが、誰しも先のことは分からない。3巻目が出版されることを2巻目を読んでいないうちから願っている。