Sinar Norma、三脚に乗せる2017年07月29日

 Sinar Normaは今から50年前ぐらいの大判カメラであるから、三脚のネジ穴が大きい。三脚にカメラを取り付けるネジは、1/4インチのものと、3/8インチのものがあり、Sinar Norma は3/8インチだ。
 私が20年前に買ったSLIKの三脚ネジは一般のカメラのものだから合わない。そのため、一般のネジから大きめのネジに変換するダブルネジアダプターがSLICKから販売されている。ヨドバシカメラで451円とお安い。
 ヨドバシカメラでダブルネジを購入して、やっと三脚の上に乗せることができた。
 こうしないと作業ができない。
 三脚は Sinar Norma の必需品だ。手持ちで撮影する人はいないだろうから。

三脚ネジの大きさ比較:
Sinar Normaは左の大きなネジ(3/8インチ)で三脚に取り付ける。右は一般のカメラのネジ(1/4インチ)。

コメント

_ ネジによく泣かされた信二 ― 2017年07月31日 10:49

ネジに限らず、工業用品の規格は合理性よりも時の勢力に大きく左右されますな。本来国際単位系(SI)に統一されるべきものが航空機ではしばしばノットとかフィートを使って機内放送されますよね。鋼管の規格など惨いほど半端なインチ規格がまかりと通ってます。件のカメラの台のUなにがしはユニファイネジですね、日本の工業用品ではまず使わないが、海外との共通化で止む無しというところですか。嘗て働き始めた昭和45年ころ、ネジがメートル系とインチ系(ウィットネジ)が混在し、よく現場に行って間違いに気づいた時の無力感絶望感は相当なものでした。今ほとんどインチ系は駆逐されよくなりました。

_ インチネジ 悠悠炊事 ― 2017年08月01日 04:11

まあ、ワン パイント オブ ラガー プリーズの世界ですから。
これらも楽しみの一つです。

日本に限らず昔のヨーロッパやアメリカの機械を分解するときはネジを失くさぬよう注意しておりますよ。このSINARは幸いネジが全てついております。小さな六角ネジの頭は6mmのスパナで外せました。

イギリスなどは、今でもマイルを使っているでしょうから、高速などは70マイル制限、日本から来た人が車の速度計を見て、70kmにしては速いなと思うらしく怪訝な顔をする。実際は6割増で 112kmとなります。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック