月初2017年08月01日

 8月は棟方志功の2017年カレンダー、そのものを掲げた。

一点の雲なくなんと蝉に風

 原石鼎はらせきていの句。

 なるほど、表ではセミがしきりに鳴いている。

Sasaki Studioの150mmレンズ2017年08月03日

 Sinar Normaのために、さらに、落札したものがある。Nikonの150mm f5.6のレンズだ。
 まけてもらって、送料込みで2万円以下だった。
 4×5で150mmのレンズは、通常のカメラの50mmレンズのように、いわいる標準レンズだ。
 レンズのリングに Sasaki Studio 25 の刻印がある。
 東京の神田にあった「佐々木スタジオ」のものだ。そこで使っていたレンズであることは明らかだ。佐々木スタジオは、昨年(2016年)3月だかに自己破産した。
 ササキスタジオは、1955(昭和30)年創業の老舗の商業写真スタジオだった。最盛期は120名ほどの社員がいたという。東北大震災以後、商売がふるわず、破産にいたった。デジタル化の流れについていけなかったともいわれている。
 私はこのスタジオとの関係はない。神田駅そばのスタジオのあるビルの前を通りかかったことがある程度だ。
 多くの優秀なカメラマンを輩出したスタジオで、このNikonのレンズは出処明らかであるから、喜んで落札した。落札したときに、そのことを出品したショップにいったら、そのショップが佐々木スタジオの写真関係の品々を全部買い取った、これからも出品するからよろしくといわれた。

コシナガマグロ2017年08月07日

 スーパールミエールで安いから買ったコシナガマグロ。長崎産で、もちろん生。
 コシナガという名前は初めて聞いた。市場魚類図鑑で調べてみると、
コシナガマグロ(Longtail tuna, Longtailed tuna, Spot-side tuna)
マグロ類のなかでももっとも入荷量の少ない種。ほとんど知られていないマグロだ。市場関係者もコシナガをはっきりと認識していないと思われる。ただしマグロ専門店はしっかり区分して、ときに販売している。小型で入荷量も少ないので、値段は安い。
たぶんスーパーなどにも置かれることはあると思うが、単にメジマグロ(マグロの若魚)としてあるのでは、と考えられる。

 味の評価度は★★★★★で、非常に美味。この刺身のマグロはカツオほどの大きさだろうが、最大に育っても1メートルほどらしい。
 食感はやわやわで歯ごたえなしだが、確かにおいしい。

フライパンチキン2017年08月09日

 ノンフライヤーで作ったタンドリーチキンはおいしかったが、後でノンフライヤーに飛び散ったタレの汚れを掃除するのが大変であるから、きょうはフライパンで焼いてみた。
 タレは余さず全部使った。チキンカレーであるが、タンドリーのヨーグルトの味が出ていてマイルドでおいしい。