NEC PetiScan2017年08月02日

 親ガメの上に子ガメといった感じで、EPSON のA4スキャナーの上に乗った小さなスキャナーが NEC の PetiScan(プチスキャン)だ。日曜日に落札して、きょう届いた。
 PetiScan は1999年に NEC が発売したものだ。興味のある方には当時の記事を参照されたし。(PC Watch 週刊スタパトロニクス→パーソナルユースならこれでOK!! NEC PetiScan)

 1999年頃、私は Canon のスキャナーを持っていたし、このような小さなスキャナーに興味はなく、知らなかった。18年後の今になって、オークションで落札したのはどういうわけかというと、同じく落札した4×5の Sinar を使ってのスキャナーカメラを作りたいからだ。
 その作例は、新・平成写真師心得帳「ひょうたんからスキャナ」に出ていて興味を持った。そこで使っているのがハガキスキャナーこと PetiScan だった。探してみると、ヤフオクで3,500円で出品されいた。

 PetiScan を裏返すと、そこにも窓があり向こうが透けて見えるようになっている。
『PetiScanは、通常は100×148mm(ハガキサイズ程度)の原稿を読み取れるフラットベッドスキャナとして使う。が、原稿がどうしても上に乗っからないという場合は、PetiScanのフタ部分を取り外して、スキャン面を原稿の上に乗せてスキャンすることができる。つまり、原稿をスキャナの上に置くのではなく、スキャナを原稿の上に置くわけだ。単純な発想だが、フラットベッドスキャナの汎用性を高めつつハンディスキャナにはない解像度を出す、実にマジメなアイデアだと思った。なお、PetiScanを原稿の上に置いた場合でも、原稿の表面が確認できるように、PetiScanの底部にはのぞき窓が付いている』
 と、スタパ齋藤の説明を読んで納得できた。
「新・平成写真師心得帳」においても、
『スキャナの裏側半分もなぜか素通しのガラスなので、すりガラス処理をしたスキャナ面を裏からのぞける。つまり、そのままピントグラスになるのである』
 と、電源はUSBでパソコンからとれる、読み取りサイズはハガキサイズであるから4×5カメラとほぼ同じ、など手軽にスキャナーカメラにするにはうってつけの製品なのだ。

 さて、この NEC PetiScan は、1999年の製品ゆえ、現在では、Windows2000までのOSで動く。ドライバがそこまでは対応しているということ。先達のありがたい情報があり、Windows2000はWindowsXPと同様であるから動くのだという。私がこのために使いたいノートパソコンはWindowsXPなのだ。
 ちなみに、 PetiScan は台湾のOEMメーカーの製品で、ドライバソフトはそこから手に入れた。NEC にあるWindows2000のドライバは動かないそうだ。
 なんとかドライバを入れて PetiScan を認識させた。PetiScan はのろのろと頼りげなく動き、ノートパソコン上のPhotoshopでイメージが出た。
 3,500円と宅配料金が無駄にならずよかった。
 イメージの範囲を知りたいから、物差しを置いてスキャンしてみた。(実際の画像は、横1746、縦1200))
 これで、スキャナーカメラの第一段階は終わり、次は実際に Sinar に取り付ける第二段階になる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック