おまけのSuper-Angulonで撮る2017年08月12日

 フィルムを使って撮り始めた。400mm、150mm、65mmの3本のレンズがある。65mmのレンズは普通のデジタル一眼レフカメラであったら標準レンズだが、4×5のカメラでは超広角レンズだ。(4x5の65mmは135判では約18mmに相当する)
 よって、Sinar の蛇腹は極度の圧縮(フィルムとレンズとの距離が近い)を強いられる。以下の写真のようにすると 65mmでも無限大のピントがなんとか合う。
 ピント合わせのとき、このレンズはシャッターを開きっぱしにすることができない。古いSinarにおまけで付いてきたレンズだから壊れていても不思議ではない。それならシャッターレリーズを使って、スピードをB(バルブ)の位置にして固定しておけば、シャッターは開きっぱなしになるからピント合わせができる。だが、映像は暗い。冠布(黒い、かぶり布)とルーペは必須だ。
 このレンズは Super-Angulonスーパーアンギュロン の F8/65mm、ドイツ製だ。レンズの胴には Linhof と赤文字がある。調べてみると、可搬しやすい4×5のカメラ、リンホフのテテヒニカに付いていたレンズで、有名で人気があるようだ。確実に50年以上は経っている。特に古いレンズは、シャッターを開きっぱなしにできないのだそうだ。
レンズの上部に緑丸のレバーがある。写真では X の位置にある。そこはスピードライトを使う時のシンクロポイントで、M はバルブ(玉球)を使う時なのだ。V は何かというとセルフタイマーなのだ。私は V をViewの略でシャーターの開きっぱなしにするものかと思っていた。
セルフタイマーはちゃんと動く。これはいい。妻と二人で揃って記念写真を撮ってみよう。
 20年以上デジタルカメラを使っているから、Sinar にフィルムを入れてシャッターをきっても物足らない感は否めない。撮れたんだか、撮れてないのか、さっぱり分からない不安がつきまとう。やはりデジタルカメラがいいのだよ。
 20枚のフィルムを撮り終えるのは何時になるか分からないが、フィルムはまとめて東京のラボに郵送して現像してもらう。出来上がると宅配で代引きで届くという。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック