日本列島 濱谷浩2017年08月17日

 ノスタルジーに誘われ、1964年、東京オリンピックが開催された年に発行された、濱谷浩の写真集「日本列島」を古書で手に入れた。
 ほぼA4サイズの週刊誌のようなグラビア印刷の薄めな本で、当時は600円だ。熊本の古書店で1,000円+164円の送料で買った。北海道から沖縄の石垣島までの自然の姿が、ほとんど空撮の写真で111枚ある。
 実は、この本は所有していた。1964年当時に書店では平積みされていたものだが買い逃したため、6年後ぐらいに古書店で300円ぐらいで買った。それから数年後、東京へやってきたスウェーデン人に日本の土産としてこれを贈呈した。
 そして今になって、また、そのページを見たくなったのである。市立図書館に蔵書としてあったが閲覧のみで貸出はないから買うことにしたのだ。
 発行されてから53年経過しているページはさすがに色の鮮やかさが失せている。でも、これだけの色失せならば、この本の保存状態がよかったのだといっていい。
 写真家、濱谷浩のスタイルがあり、写真に人家や人は見えない。日本列島の風景はあっけらかんとしている。
 日の出直後、日没の燃えるような派手に赤くなる山の写真を撮ろうとする白川義員とは異なっていて、日々の、見慣れた風景として撮っているのがいい。
 観光用を目的としての撮影ではないからか、尾瀬を撮った写真には水芭蕉が咲いていない。私は一度だけ尾瀬ヶ原へ行ったことがるが、水芭蕉の時期ではなくて、このような感じだった。水芭蕉の時期は短いのだ。また燃え上がるような赤い山も滅多に見ることができないものだ。
 紅葉の写真も地味である。
 人工物を撮っていないからか、53年前との差異を感じることはない。
摩周湖
尾瀬ヶ原
摩周岳 火口底針広混合林

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック