カメラの追加装備2017年11月10日

 カメラのレンズの前に余計なフィルターを付けるのは私の好みではないが、このカメラのレンズは大きく、すぐに指先で触ってしまう。また、船や鳥を昼間に撮ると青みの強い色合いになるから、ちょっとだけ紫外線を取り除くスカイライトフィルターを付けることにした。
 フィルターの新品は3,000円近い値段だから、Amazonで中古のものを買った。450円だった。これを付けて撮った写真は11月7日の鳥見(バードウォッチング)散歩だ
 オークションで買った三脚に付属の自由雲台は2000mmの望遠で撮ろうとすると目的のものをピッタリと捉えられない。固定ネジで締め付けてもゆるゆるとカメラが下がったところで落ち着く。
 ビデオ撮影用の雲台を探したが値が張る。Amazonで探していると、TARION Q08 という通常の雲台が安くて評判がいい。新品で 2,790円だ。ダメ元で買ってみた。
 使ってみるとビデオ雲台のように油圧で動く感じがあり、ピタリとカメラの位置が決められる。大きく重いカメラには向かないが、ちょうど、このNikon P900にピッタリだ。
 今のところ手持ちで十分だから三脚をかついで撮りに行っていない。
 これから、冬になってくるとヘラサギがやってくる。その捕食の様子をビデオ撮影したい、それには三脚とスムースに動く雲台がいる。そのために道具立てをしたまでのことだ。
捕食中のクロツラヘラサギ(2013年撮影)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック