プラネタリウム2017年11月17日

 福岡市中央区の九州大学跡地が再開発され、先月、福岡市科学館が開館した。最上階にはプラネタリウムがあるというので行ってみた。
 かつて東京は渋谷にあった東急文化会館の五島プラネタリウムには小学生の頃から成人になるまで3度ばかり入ったことがある。その後のプラネタリウム体験はしていない。最新のプラネタリウムはどんなものかを見たかったのだ。
 福岡市の老人割引はないが、入場料は500円とお安い。会場に入ると、中央に Konica Minolta が作った最新型のプラネタリウム装置、Infinium Σが鎮座している。
 解説付きで15分ほどの秋の星座を見た後は、「スペースフロンティア」というビデオ映像のドキュメンタリーだった。合計で40分ほどだったろうか。
 VR画像のように、広がる世界が体験できるのかと思っいたが、さにあらず。大きな期待を抱いて出向いたわけではないものの、内容が退屈で新鮮味がなくがっかりした。お子様たちも楽しめないだろう。他の人にお勧めできるものではない。
 50年以上も前の五島プラネタリウムのほうがよかった。星が明るくきらめいていた。
 私の最近の映像体験としては、今年の3月、東京でたまたま入った上野の国立科学博物館の「シアター36○」は迫力があり楽しめた。これはお勧めする。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック