モーツァルトのレクイエム2018年02月08日

 1月31日の午後、NHK FMの「クラッシックカフェ」でモーツァルトのレクイエムをやっていた。
 この曲、一時期、レコード盤で持っていたこともあるが音がひどいので捨てた。FMで何度か聴いたこともあるものの、演奏、コーラスとも、これが一番いい。

「レクイエム ニ短調 K.626」 モーツァルト作曲
(1時間04分31秒)
(ソプラノ)エディット・マティス
(アルト)ユリア・ハマリ
(テノール)ヴィエスワフ・オフマン
(バス)カール・リッダーブッシュ
(合唱)ウィーン国立歌劇場合唱団
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)カール・ベーム

 調べてみると、CDが売られている。
 カール・ベームの1971年録音のものは名盤だそうで、CDを買ってみようと注文してすぐに、クラッシックカフェは再放送があるから、それを録音しようと気付き、注文はキャンセルした。

 きょう、2月8日、朝の7時25分からの再放送で、午前8時過ぎぐらいからの「レクイエム ニ短調 K.626」のアナログ音声をWAVの16ビットでデジタル録音した。
 FMチューナーは、Sony ST-S333ESG で、1989年製のものだ。
 すぐにパソコンの編集ソフト、SoundEngine で編集し、1時間4分28秒の音楽データを得た。

 久しぶりにエアチェックを体験し、オーディオ小僧になった。