雪が降ると見える2018年02月12日

 昨夜から降り出した雪、数センチほど積もったが、温度が高めであるからか、道路の凍結は少ないようだ。

 叶岳(341m)の中腹を見ると、積雪のおかげで稲荷大明神の遥拝所が見え、その上のほうに展望所の東屋が見える。この東屋は雪がないと屋根が周囲の木々に隠れて見えない。雪のあるときだけ分かる。
 ここからの北側の展望は見事で、今宿の町、博多湾、毘沙門山、玄界島がよく見える。この展望所から20分ほどの登山で山頂に着くが、それまで眺めは楽しめない。山頂に叶嶽神社がある。
 東屋のある展望所からの眺め(2012年10月)
 ちょうど博多港へ入った13万8千トンの大型客船ボイジャー・オブ・ザ・シーが見える。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック