飛ぶ姿を撮る2018年02月20日

 きょうは、潮時(朝の干潮)のいい日で、かつ晴れ上がった風のない朝だったから、朝の7時50分から今津干潟で鳥見をした。鳥見には朝が一番だ。餌取りがあるから動きが活発で見応えがある。
 今期のヘラサギはクロツラヘラサギばかりだったが、ヘラサギ(私としてはシロツラと呼ぶ)が5匹ほどの群れでいた。右後ろのクロツラと一緒に撮ったから違いが分かるだろう。
 だんだんと暖かくなったから、そろそろヘラサギのクロもシロも避寒を終えて生まれ故郷へ飛んで戻るだろう。
 3.7KgのNikon D3と200-500mmレンズを携えて、飛翔するヘラサギを撮ってみた。NikonのP900よりは動く被写体を撮るには有利だが、まだ慣れていないシステムであるから、写真の出来としての成功率は低い。
 朝の光を浴びるから色が赤っぽくなる。このシロツラが着水する直前↓まで連写で撮ったがピンぼけのコマが多かった。

 サギとは違ってトキの種類であるから首を伸ばして飛ぶ。飛んでいる姿はスマートでいい。
 私には、きょうをもってヘラサギとはお別れになってしまうかもしれない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック