ロゼッタストーン解読(その3)2018年03月12日

 ヒエログリフ(エジプトの古代文字)の解読までの流れは、「ロゼッタストーン解読」の本では冗長すぎて分かりづらいため、もう一冊の本を図書館から借りてきた。
 サイモン・シン Simon Singh の「暗号解読:ロゼッタストーンから量子暗号まで」(原題:THE CODE BOOK : The Science of Serecy from Ancient Egypt to Quantum Cryptography)。
 この本は、暗号の歴史を古代から戦争時、そして現代の素数を使う暗号、そして未来の量子暗号まで解説している。
 ヒエログリフの解読は第Ⅴ章 言葉の壁 に書かれている。この章の最初は、アメリカインディアン部族の一つであるナバフォ族のナバフォ語を使った第二次世界大戦中のアメリカ海軍の暗号について説明している。
 ナバフォ語はナバフォ族の人たちにしか理解できないことから、ナバフォ族の英語のできる者を通信兵として動員し、英語をナバフォ語にして暗号化して発信し、受信するほうはナバフォ語から英語に戻した。日本軍の暗号はアメリカ軍に筒抜けだったが、アメリカ軍のナバフォ暗号は日本軍には理解できなかった。
 その後「失われた言語と古代文字の解読」としてヒエログリフの解読が書かれている。
 古代エジプトの書記は暗号で書いたわけではなかったが、長い年月の末、使われることがなく読める人がいなくなってしまったヒエログリフは後世の人には暗号と同じだった。

 サイモン・シンはヒエログリフ解読に至るプロセスを簡潔に書いている。さらに分かりやすいように年表にしてみた。
 1652年
ドイツ人のキルヒャーが、辞書「エジプトのオイディプス」を出版。
わずかばかりのヒエログリフの文字(今日では単に「アプリエス」というファラオの名前)を、
「聖なるオシリスの恵みは、聖なる儀式と一団の霊によって招来されるべきものであり、その目的はナイルの恵みを得ることにある」
と、とんでもない翻訳を行ったが、解読を志す人たちへの影響は大きかった。
 1798年
ナポレオンのエジプト遠征。
古代エジプトの文物は綿密な調査を受けることになった。
 1799年
フランス兵士らがロゼッタで石版を発見する。
ロゼッタストーンは、カイロ→アレクサンドリアと移送されたところで、フランス軍は降伏し、イギリス軍の手中に収まった。
 1802年
ロゼッタストーンは、イギリスに送られ、大英博物館に収蔵されて、今日に至る。
ギリシャ語部分の翻訳から、ロゼッタストーンに刻まれているのは、紀元前196年にエジプト神官の総会で決議された法令であることが明らかになった。しかし、キルヒャーの知的遺産から、ヒエログリフの文字は表意文字であって、表音文字ではないと思いこんでいたから翻訳できなかった。
 1814年
イギリスの万能の天才トマス・ヤングがヒエログリフに興味を持ち、ロゼッタストーンの解読が始まる。
カルトゥーシュの部分に注目し、プトレマイオスの名前に違いないと判断した。何故なら、ギリシャ語部分にその名前が刻まれていたからだ。ヤングはそこからヒエログリフの音価を推理した。さらに別な碑文のカルトゥーシュからも名前を解読し音価を判断した。
ところがここでヤングは解読を止めてしまった。我々日本人が外国人の名前をカタカナの表音文字で書くように、カルトゥーシュの名前は外国人だから表音文字にしたわけで、他のヒエログリフは表意文字だと思いこんでしまった。
ヤングは何でもすぐに夢中になるが、やりかけの研究を途中で放り出して次の問題に移ってしまうのだ。
 1819年
ヒエログリフへの興味を失ったヤングは「ブリタニカ百科事典補遺」へこれらのことをまとめて仕事を切り上げた。
 1822年
シャンポリオンはヤングの方法を他のカルトゥーシュにも応用してみた。
他の碑文から、クレオパトラ、アレクサンドロスを解読した。
クレオパトラもアレクサンドロスも外国人の名前でエジプト語では表せられないからだというヤングの説を支持するものでヤングの仕事の拡張にすぎなかった。
 1822年
 9月14日
シャンポリオンはギリシャ、ローマ時代よりも古い時代の碑文拓本から、
ヒエログリフが4文字しかないカトルーシュに注目し、左端の文字は太陽を表す表意文字ではないかと考えた。コプト語の太陽、ra であると閃き、ラムセスの名前を表し、ラムセスは外国人ではないのに表音として綴られていることを発見した。最初の音節raだけが絵文字の太陽、で表され、残りは普通の表音文字だった。
わかったよ!
ヒエログリフの4つの基本原理が明らかになった。
① ヒエログリフの言語は、少なくともコプト語(古代エジプトの言葉が進化したもの)と関係があること。
② いくつかの単語には表意文字が使われている。
③ 長い単語では、全体または一部に絵文字が使われている。
④ 古代の書記たちは文章の大部分に対して、表音アルファベットを使っていた。表音的使用法はヒエログラフの書記体系の“精髄”である。
 1824年
シャンポリオン 「ヒエログラフ体系要約」を出版。
 1828年
 7月
シャンポリオンは1年半に及ぶ最初のエジプト調査旅行に出発した。
シャンポリオンの解読法はさまざまな碑文で試され、立派に役に立ったばかりでなく、いっそう洗練され、補強された。否定するライバルもいたが、ヒエログリフが解読され、古代エジプトのテキストは読むことができるということについて、もはや疑問の余地はなかった。(ロゼッタストーン解読:272ページ)
シャンポリオンはルクソールのナイル川西岸にある岩窟墓群を「王家の谷」と呼び、この名前が今日も通用している。
パリ、コンコルド広場のオベリスクはシャンポリオンが選んだルクソールのものが運ばれ1836年に建てられた。
 1829年
 5月10日
トマス・ヤング死去。
光の干渉現象を再発見して(ヤングの実験)光の波動説を主張した。
弾性体力学の基本定数ヤング率に名前を残している。ほかにエネルギー (energy) という用語を最初に用い、その概念を導入した。
 1832年
 3月4日
シャンポリオン死去。

 ヒエログラフ解読の突破口を開いたトマス・ヤングについては、「ロゼッタストーン解読」を読んで初めて知った。
 トマス・ヤングは、自分の解読法を使われ、フランス人にヒエログラフの全容を解読されてしまったことに不快だったようで、シャンポリオンに対して手厳しい批判をした。それらの詳細は「ロゼッタストーン解読」に書かれている。
「ロゼッタストーン解読」の著者はイギリス人の考古学者夫婦だが、以下のように書いていて公正である。
 ヤングは、ヒエログリフを解読するために必要な難関を突破できなかったが、紀元前七世紀半ば以後使われていた古代エジプト語であるデモティクの研究を進歩させた最初の学者だった。初期の研究ではデモティクとヒエラティックについて混乱していたが、トーマス・ヤングはデモティクの真の解読者と見なされてしかるべきであろう。このような功績が、ヒエログリフ解読にたいする真の役割をめぐる論争の蔭に隠されてしまうのは残念なことである。(ロゼッタストーン解読:290ページ)

 サイモン・シンの「暗号解読」は、ドイツ軍の暗号機のエニグマ、現在のRSA暗号(素数を使った暗号)など話が面白く読みふけってしまった。
 サイモン・シンの最初の著作はフェルマーの最終定理の証明までの話を書いたもので、これも図書館から借りて読んだが、面白すぎて2日間で読了した。それについては後日。

コメント

_ 日米開戦前夜の暗号マリコに思う信二 ― 2018年03月12日 17:10

暗号と聞くたびに条件反射的思い出す「マリコ」駐米寺崎公使?のハーフの娘マリコが米国側の態度を表す暗号だったらしいが、暗号後進国の日本は米国に筒抜けだったみたいで、欧米に劣等感を感じます。おまけにマリコはオイラの妻の名ではないか。どうりで私の行動は妻に筒抜けなのでしょう。

_ 暗号 悠悠炊事 ― 2018年03月13日 05:10

1980年当時、読んではいないけど、柳田邦男のノンフィクションの「マリコ」で知っています。奥様のお名前と同じでしたか。
見てはいないけど、すぐにNHKのドラマにもなった。これはNHKアーカイブスで3分ぐらい見られます。
実戦の前に情報戦に勝つことが必要だというのを西欧文明は身にしみて分かっているから暗号については金と人のかけ方が違いますね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック