桜えびのかき揚げ2018年03月18日

 季節がまだ早かったからだが、静岡へ行ったのに桜えびのかき揚げを食べられなかったから、福岡で食べてやろうと、冷凍(バラ凍結)の駿河湾産の生桜えびを取り寄せた。
 80gのパックが4個で、4,200円、それにクール宅配便が1,080円、合計5,280円という高価格だ。
 かき揚げは、桜えび+新玉ねぎ、桜えび+春菊、桜えび+九条ねぎの三種類、桜えびは、1パック半、120gほど使った。

 高い食材で久しぶりの天婦羅料理だ。気合が入る。
 天婦羅専門店のように揚げたてを食べる。
 パリッと揚がったかき揚げは、桜えびが入っていなくてもおいしいものだが、桜えびが入っていると味わいが違う。やはり、うまいよ。かっぱえびせんのように「俺は海老だ!」という主張のある味ではなく控えめなのがいい。
郷土料理ものがたり 静岡県 桜えびのかき揚げ より
「静岡県駿河湾は桜えびの国内水揚げ量が100%であり、商標として主な漁港である由比漁港の「由比桜えび」と、駿河湾全体の「駿河湾桜えび」が登録されている。現在では主な水揚げ港である由比漁港で、毎年5月に「由比桜えびまつり」が催されており、数万人の来場者を誇っている」

 2008年11月、東京から静岡へ行く途中で、由比で途中下車をして町を歩いたことがある。
 ここで桜えび料理は食べなかったが、由比製缶所のオリーブオイル漬けのシーチキン缶詰を買った。
 結局、桜えびのかき揚げは、静岡市の大村屋で食べることができた。

コメント

_ Sora ― 2018年03月19日 11:48

うむむー、これうまそうですね。
春菊とからめさせるとは知りませんでしたが、ぱりっと揚がってますねー。

私も桜えび大好きです。あの香ばしさ。由比漁港にも行って食べて、桜エビを買ってきて、家で揚げてもらいました。しかし嫁さんには悪いのですが、パリパリ感が今ひとつの気がします。

これもご自分で揚げられるのですよね?

_ 揚げものは妻です 悠悠炊事 ― 2018年03月19日 14:14

Soraさん、コメントありがとうございます。
揚げもの、ひき肉ものの料理は妻がうまいのです。
先ず、2つぐらい揚げて、味わってみて揚げ時間を調整します。
冷凍ものがあるのを教わったのは、この間の大村屋の常連客からでした。

Soraさんの祝杯をブログで見ました。分かる方には分かるでしょう。私のウィスキーは2本とも空にしました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック