Windows10にバージョンアップ2018年03月30日

 なにを今さら、と思うかもしれないが、対象は妻のデスクトップパソコンで、Windows7のままだった。昨日、今でも無料でバージョンアップが可能であることを知り、今のうちにと実施した。Windows7の延長サポートは2020年1月で終了だそうだ。
 実はこのパソコンは私が使っていたもので、2015年から始まった無償アップグレード期間中にWindows7からWindows10にした。その後、お下がりとして妻に渡したが、そのときにWindows7に戻したのだ。
「一度でもWindows10化したPCは、諸事情でWindows7やWindows8.1に戻しても、後々、再びWindows10化できる」のだそうだ。

 バージョンアップは数時間かかったものの、問題なく完了しWindows 10 バージョン 1709になった。
 妻が使うソフトはOffice XP PersonalのWord (Office 2000だと思う)だけで、これも問題なく動作した。
 パソコンは、Intel Core i7、実装メモリは16GBであるから、当面、使い続けられるだろう。

コメント

_ 会社も個人も変化を望まぬ信二 ― 2018年03月31日 10:36

個人的にも会社も、この期に及んでセブンを使ってます。メシの種のCADがセブンしか対応してないからです。テンまで対応となると、1ソフトにつき数十万円掛かるからです。個人的にはXP否2000で十分であったのに、次々とwindowsを改編(改悪)して辟易してます。バージョンアップの度に微妙に操作方法が変わるし迷惑至極です。

_ 使えますよ 悠悠炊事 ― 2018年03月31日 14:30

専用機として外のネットワークにつながないで使えば大丈夫ですから、そうされたほうがいいでしょうね。今だにWindows95を、そうして使っている人を知っています。私も1台のWindowsは7のままで、2年後はネットワークにつなげないで使います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック