漂着ごみ2018年07月07日

 台風に続き梅雨の末期の大雨で、福岡市の河川から大量の雨水が博多湾に流れ込んだ。いつもはすっきりとした浜辺は川辺に茂っていた葦、竹などでいっぱいになっている。
 これらは海外から流れ着いた漂流ごみではない。追って、福岡市が浜辺の清掃をするだろう。