漂着ごみ2018年07月07日

 台風に続き梅雨の末期の大雨で、福岡市の河川から大量の雨水が博多湾に流れ込んだ。いつもはすっきりとした浜辺は川辺に茂っていた葦、竹などでいっぱいになっている。
 これらは海外から流れ着いた漂流ごみではない。追って、福岡市が浜辺の清掃をするだろう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック