JRE Pointで改善されたSuica2018年07月09日

 九州の福岡に住んでいても交通系のICカードはJR東日本の Suica を使っている。
 Suica にクレジットカード(ビックカメラviewカード)での支払いでチャージするとカードのviewポイントがチャージ金額の1.5%もらえる。JR九州の駅でチャージするのではなく、自宅のパソコンに付けたソニーの FeliCa(フェリカ)RC-S380 で Suica にチャージする。出先ではiPadから無線の FeliCa を使ってチャージできる。モバイルSuicaにすればスマホ内にチャージできるが今の私のスマホにはFeliCaの機能はないから使っていない。

 今までは溜まったviewポイントを Suica にチャージするのが九州では面倒だった。九州で唯一の福岡市博多のビックカメラ天神2号館に設置してある VIEW ALTTE(ビューアルッテ)のATM機でポイントをチャージしなければならなかった。そのためにだけで天神に行くことはないが、往復の電車賃が1,020円かかる。
 先月、6月28日からその制度が変わった。溜まったViewポイントはすぐにパソコンでSuicaにチャージできるようになった。

 viewポイントではなく JRE Point に変わったからだ。溜まったポイントをすぐに自宅のパソコン+Felica でチャージできるようになったのはありがたい。この新しいシステムできょうは溜まっていた 865円分のポイントをSuicaに入れてみた。(かつては1000円の単位にならないとチャージできなかった)
 私は電車やバスに乗る機会は少ないから、Suicaを使う場面は、イオン、コンビニ、駅、空港内の売店、飲食店などSuicaの使えるところでの買物ぐらいだ。それでも年に2,000~3,000円ほどのポイントバックがある。
 ちなみにJR九州では電子マネーの SUGOCA がありイオンSUGOCAカード+オートチャージで同じ機能になるようだが新しく作る気はない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック