大塚古墳2018年07月11日

 考古学にさほどの興味はないが、拙宅から歩いて10分ほどのところにある大塚古墳を見に行った。歩いて見に行ったのは7年前と、きょうが2度目だ。公園化されて周辺がきれいになったから確認に行ったまでのことだ。
 正確には「今宿古墳群の大塚古墳」という。今宿古墳群の中では、一番しっかりと型が残っている前方後円墳で、AC500年の築造だそうだ。
 かつては自由に古墳の上に登れたが、公園化されたから、周りを柵とロープで囲われて入り込めないようになっているのは残念だ。
 7年前に行ったときは柵も囲いもなかったから、古墳の上に登り周囲を眺めた。後円墳のすぐ下に民家があるので驚いた。古墳の管理棟かと思った。
2011年の写真→
 今、この民家はなく、公園となっている。写真の右上にスーパールミエール今宿店が見える。この頃には開店していたのだ。
 1500年前の古墳が今でも型よく残っているのは、大きな津波のような災害がなく安定していたということだろう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック