ブリの照焼2018年05月07日

 福岡のブリの刺身用の柵は安くて量があり、おいしい。
 いいところの部分を刺身で食べ、後の部分はタレに漬けておき翌日か翌々日に照り焼きにする。
 タレは、醤油、みりん、日本酒を同じ割合にして混ぜたもの。
 焼くときは、フライパンでサラダ油を小さじ1ほど入れて焼き上げつつ、残りのタレを流し入れ、粘りが出るまで煮詰める。

竹の子炒飯2018年04月05日

 竹の子ごはんを2合炊いたが、3日には全部を食べられなかった。残りは竹の子炒飯にして、昨夜、食べた。
1.冷蔵していた竹の子ごはんを器ごと、フライパンで沸かしたお湯の上に置き、蓋をして温める。(米粒が乾燥しすぎていたからである)
2.炒め用の油はごま油。フライパンに溶き玉子を2個、入れて、即、竹の子ごはんを入れ、醤油を少々加えて炒める。
3.トッピングには、スナップえんどうの湯掻いて切り刻んだものと紅生姜である。

朝粥2018年01月29日

 たまには朝食にお粥を食べたくなる。
 今朝は私が1/2カップの米でお粥を作った。トッピングは明太子、フィラデルフィアのクリームチーズ、らっきょう、ねぎ。
 明太子が入っているから、福岡風のお粥かと思うだろうが、クリームチーズとの取り合わせで食べたのは名古屋の中部国際空港 セントレアのおかゆと麺の店「粥餐庁カユサンチン」での「クリーミーチーズとたらこのおかゆ」だった。二日酔いの朝にはちょうどよかった。