コスタ・アトランティカ2017年11月13日

 イタリアのコスタ・クルーズのコスタ・アトランティカ(COSTA ATLANTICA)、8万5千トン。
 この船も毎週のように博多にやってくる。きょうは中国の天津からやってきた。午後1時39分の入港だ。

福岡マラソン4回目2017年11月12日

 午前7時過ぎの可也山(365m)。いい天気だからくっきり見える。
 きょうは第四回の福岡マラソン大会の日で、午前8時20分に博多の三越前をスタートし、拙宅の前を通り、この可也山の麓のあたりにゴールする。8月の花火大会、11月の福岡マラソン大会とわが町が年に2度賑わう日だ。
 私は第一回大会に出場し14Km先の自宅をゴールとして完走した。第一回目の選にもれた妻は第二回大会に出場し42.195Kmを完走した。

 午前7時12分、ちょうど入港した MSC LIRICA、6万5千トン。スイスの船会社MSCが運行している。

 そして福岡マラソンがスタートした。
 9時9分、上位グループがやってきた。この選手は4位ぐらいだと思う。
 9時34分、福岡タワーの下の方の岬の道から今宿に入ってくる。
 マラソン日よりでなによりだ。今までの福岡マラソンでは最高のコンディションだろう。
 10時17分、福岡のKBCテレビ、夕方のニュース番組「スーパーJチャンネル九州・沖縄」によくレポーターとして出演する「中島つぐまさ」がカメラマンを従えてやってきた。私の妻は贔屓にしていて名前入りの応援うちわを作って道路脇で待機していたが、気が付いたろうか。

きょうも秋晴れのいい天気2017年11月01日

 屋上で船を眺める。毎日やるつもりはないが、「きょうの船」。
フェリーきずな
 対馬の厳原港、壱岐、そして博多港の定期フェリーで、きょうは壱岐を午前7時に出て、博多港着は9時25分だ。
 そして10時に出港し、壱岐は12時、対馬には午後2時45分に着く。博多→対馬は3,660円だ。

ぱしふぃっくびいなす
 日本のクルーズ客船、2万6千トンで、乗客数は696名だという。1998年に就航しているから、築20年の船。
 神戸からやってきた。博多港でツアー客を乗せて、夕方に出港、韓国の麗水ヨスへ行き11月3日の朝に博多に戻る。2泊3日のツアーだ。
 来年の1月は東南アジアへのクルーズが予定されている。49泊50日だ。私は1万5千トンの客船に3ヶ月近く乗り続けたから、その雰囲気が想像できる。巨大ビルのような大型客船とは異なる本来の船旅ができると思うが、船旅は3泊ぐらいで十分だ。

きょうの客船2017年10月31日

 調べてみると、博多に入港するクルーズ船の数は、2015年が259、2016年が328、そして今年が371となっている。昨年、横浜港を追い抜いて日本一になったそうだ。
 毎日のようにやってくる。
 そして、きょうは、午前6時50分に派手な船体の NORWEGIAN JOY が博多湾に入ってきた。

 さらに午前10時55分、別府から関門海峡を抜けて、香港のクルーズ船、SUPER STAR VIRGO が入ってきた。7万5千トンの小ぶりな客船である。
 NORWEGIAN JOY ほどではないものの、さり気なく女神のイラストが船腹にある。
 SUPER STAR VIRGO は「處女星號」、VIRGO は乙女座のことだ。運航会社は STAR CRUISES「麗星郵輸」だ。
 昼近くにの入港は太陽が頭上にあるから、光が豊富、船がきれいに見える。