金色の死 谷崎潤一郎全集(その25)2017年04月27日

 富豪の岡本君が金に飽かして箱根に作った、彼のいうところの「芸術の園」がどんなものか見せられるのであるが、私としてはスペインのプラド美術館にあるボッシュの三幅対の絵「快楽の園」をイメージしてしまう。
 岡本芸術は、今でいうところの温泉を含むテーマパーク、彫刻の森、デズニーランドみたいなものだ。今の箱根、伊豆にはそのようなものもあるし、四国には大塚国際美術館という贋作だけを並べた美術館が人気だ。103年前に書かれた「金色こんじきの死」は今現在を見据えていた感がある。
 谷崎潤一郎は「金色の死」を好まず、生前は全集に入れなかったが、没後は、死人に口なしとばかりに、夫人へ宛てた恋文とともに全集に収録された。

「私は将来文科大学を卒業して、偉大な芸術家になるのだと揚言して居たのです」
と「金色の死」の文中にある。芸術という語は明治になってできたという。
「末は博士か大臣か」と同じように、当時は、偉大な芸術家になって、日本の文化を盛り上げ、西欧文化に負けまいという機運があったのだろう。

 谷崎潤一郎の有名な、松子夫人に宛てた昭和7年の恋文では、
「私にとりましては芸術のためのあなた様ではなく、あなた様のための芸術であります、もし幸ひに私の芸術が後世まで残るものならばそれはあなた様といふものを伝へるためと思召して下さいまし 勿論そんな事を今直ぐ世間に悟られては困りますがいつかはそれも分る時期が来るとおもひます、さればあなた様なしには私の今後の芸術は成り立ちませぬ、もしあなた様と芸術とが両立しなくなれば私は喜んで芸術の方を捨てゝしまひます」(谷崎潤一郎全集没後版第二十四巻の295ページ)
と、まあ、「芸術」がたくさん出てくる。
 本人がいっているように、谷崎の書く小説は芸術であって、谷崎は芸術家なのだ。芸術という言葉が生き生きとしていて愛の告白にも使えた時代だ。
「芸術家は、自身の芸術活動が社会的に広く認知された状態にある人を指す」ウィキペディア
「芸術は爆発だ!」といった方も亡くなり、今は、芸術を「アート」と英語でいうことが多くなった。それはいいが、普通の歌手ばかりなのに「人気アーティスト(歌手)ランキング」などと、いったりする。
 明治以来の目的は果たされたと共に、芸術という言葉は古びてしまった。
  金色の死(html版) → konjiki_no_shi.html
  金色の死(テキスト版zip圧縮) → konjiki_no_shi.zip

←その24へ
→ to be continue

台所太平記 谷崎潤一郎全集(その24)2017年04月22日

 数日前にNHKのニュースの中で、家事代行サービスの要員としてフィリピン人が日本で働いているのをやっていた。かつての日本の女中さんは、家に住み込んで奉公したのだが、それとは違って通いのパートタイムだ。
 日本の女中さんは遙か遠い過去のものだ。私が子供の頃、隣の家は主人が製粉工場の重役をしていて裕福で、女中さんを使っていた。私などの世代が「女中」の最後の目撃者といえる。
 谷崎潤一郎が雇っていた女中のことを書いた「台所太平記」は、今や「世界の記憶(世界記憶遺産)」であろう。「台所太平記」以前の「細雪」の中にも女中が描かれており、その仕事ぶり活躍ぶり、また、主人らが女中の勤務評価をする場面もあったりして当時の様子が分かる。
「谷崎万華鏡」にも「台所太平記」がマンガとして書かれている。
 書いたのは山口晃という画家で、これが他のマンガを圧倒するほどレベルが高い。
 20ページの中で「台所太平記」の全容を書いていることに驚いた。「台所太平記」を読んだ私がイメージしていた物語の登場人物がほぼ同じで、ビジュアル的に楽しめる表現になっている。山口晃のデッサン力がいいのだ。
 主人である千倉磊吉ちくららいきち(谷崎潤一郎)は何故かウサギの帽子をかぶっているのがおかしい。
 登場する女中たち、初(豊満)、梅(コケシ人形)、鈴(美人)、駒(花王石鹸顔)、銀(眼美人)の特徴がよく描かれている。性格が悪く傲慢な女中の百合(それだから谷崎が贔屓にした)、その盤台面ばんだいづらを見たかったが、百合のストーリーはマンガでは割愛されていたのは残念だった。
 実際の谷崎潤一郎、松子夫人と女中さんたちの写真→
 登場する人物の顔や姿だけではなく、描かれた背景、舞台がその当時の雰囲気で描かれ、見事というしかない。
「谷崎万華鏡」は700円で買ったものだが、山口晃の描くところの「台所太平記」だけで、元をとった感じだ。
「台所太平記」は谷崎潤一郎全集(没後版)の十九巻にあり、それを旧字旧仮名で入力作業を行い青空文庫に送ったが、入力者校正をろくにしなかったために品質がとてつもなく悪く、青空文庫のスタッフから注意を受け私は落ち込んだ。
「やり直し!」と突き返されることはなく、現在、校正待ちで工作員を募集している。入力間違いはたっぷりあるから、発見は容易で、やりがいのある校正作業ができ達成感を得られることを保証する。楽しみたい方はぜひ志願して頂きたい。→谷崎潤一郎 作業中作品一覧

 青空文庫に提出した「台所太平記」ファイルを、さらに自ら見直して校正しようという気はない代わりに、この際だからと新字新仮名版に換えてみた。旧字旧仮名→新字新仮名にするのは割りと簡単なのだ。
 以下が、その新字新仮名版の「台所太平記」です。入力間違いはかなり改善したものの、まだあるでしょう。それをご承知の上でお読みください。
  台所太平記(html版) → daidokoro_taiheiki.html
  台所太平記(テキスト版zip圧縮) → daidokoro_taiheiki.zip

←その23へ

谷崎万華鏡 谷崎潤一郎全集(その23)2017年04月21日

谷崎潤一郎の没後50年の全集発行で、ネット上でのキャンペーンとして「谷崎万華鏡」というマンガによる谷崎潤一郎の作品紹介をしていた。キャンペーン中は11編のマンガの全部のページを見れたが、今は冒頭の2ページのみになり、その代わりとして単行本になり、1,080円で発行されたのは昨年だった。見逃したところもあったので、ネットの古書店に出ているものを、700円(送料込)で買ってみた。
 マンガで谷崎潤一郎の作品を紹介して、本の拡販につながればという狙いであろうが、大概のものを読んでしまっている私には面白いものではなかったものの二編はよかった。
 1編は、中村 明日美子なかむら・あすみこの「続続蘿洞らどう先生はよかった。このとき私はまだ「蘿洞先生」、「続蘿洞先生」は読んでおらず、このマンガがきっかけでその二つを没後全集で読んだ。
 マンガの「続続蘿洞先生」は中村明日美子が続編として作ったもので、谷崎潤一郎の原作があるわけではない。そのことで、谷崎潤一郎の「蘿洞先生」、「続蘿洞先生」を読みたくなる効果を出した。いいアイデアだ。
「続蘿洞先生」では、蘿洞先生は、とある劇団の障害をもった美人女優の生野真弓と結婚をして終わる。「続続蘿洞先生」では、真弓は結婚の2年後に死亡していて、弔問に行った雜誌記者は蘿洞先生から真弓の形見の品を渡され、私が亡くなったときに私と一緒にこれも焼いてくれるように、と頼まれる、といった筋である。
 小さな箱に収めてある、その指のようなものはなんなのだ? とタネを明かさずマンガは終わる。気になるから「蘿洞先生」、「続蘿洞先生」を読みたくなってくるではないか。

 興味を持たれた方は、以下に「蘿洞先生」、「続蘿洞先生」の全編をzipファイルとhtmlファイルで置いてありますから、ダウンロードしてお読みください。
  蘿洞先生 → rado_sensei.zip
  続蘿洞先生 → zoku_rado_sensei.zip

 本文は青空文庫様式で作ってありますが、青空文庫のものではありません。私が勝手に入力したものです。文字入力間違いもありますことをご了承の上、お読みください。

 今のブラウザで読みたい方は、html版をどうぞ。
  蘿洞先生 → rado_sensei.html
  続蘿洞先生 → zoku_rado_sensei.html


 ブラウザ上で縦書きで読みたいという方には、電子書籍リーダー「えあ草紙」をお勧めします。(Adobe Flash Playerが必要)
 縦書き表示のみならず、文字の大きさを変られ、ふりがな、傍点、踊り文字もちゃんと表現されるから読みやすい。
 「えあ草紙」のページを開いたら、作品のURLのボックスに、以下のようにzipファイルのURL、
http://www.ne.jp/asahi/galapagos/hiro123/novel/rado_sensei.zip
を入れます。(コピー&ペーストをすればよい)
「えあ草紙で読む」ボタンをクリックするだけで解凍してくれ、作品の本文が表示され、ページめくりができます。


 次回は、「谷崎万華鏡」で2つ目に面白かった「台所太平記」を紹介し、谷崎潤一郎の「台所太平記」をこれと同じようにダウンロードして読んで頂けるように設えます。

←その22へ

「いやな感じ」高見 順2017年03月16日

 1月下旬あたりから作業していた高見順の1963年の小説「いやな感じ」の入力作業が終わり、青空文庫に送った。
 入力に使った本(底本ていほん)は私が高校一年の頃に買った中央公論社「日本の文学57 高見順」で、価格は390円だ。
 この1冊には、「如何なる星の下に」と「いやな感じ」の2編が入っている。私は「いやな感じ」だけを読むために買ったが、拾い読みをしただけだった。この本を処分することもなく持ち続けたのは、いつか全部を読むだろうと思っていたからだ。
 いよいよ読もうと思ったきっかけは、先だって読んでいた伊吹和子の「われよりほかに 谷崎潤一郎 最後の十二年」に、中央公論社の「日本の文学」の編集会議の様子が書いてあったからだ。
「日本の文学57 高見順」の表紙を開いたところに、1963(昭和38)年当時の高見順氏の写真と、編集委員の名が書かれている。
 1963(昭和38)年7月30日、編集委員の谷崎潤一郎、川端康成、伊藤整、高見順、大岡昇平、三島由紀夫、ドナルド・キーンが集まって、
------- 以下、「われよりほかに」から引用 -------
 会議が終わると、高見先生は、資料を片付けながら、ご自分の喉を指差して、
「俺、多分、食道癌なんだ。食べ物がつかえるんだよ、ここんとこに。俺みたいな悪い奴は、そろそろ年貢の納め時なんだな」
------------------------------------------
 谷崎潤一郎は2年後の1965(昭和40)年7月30日に、高見順は8月17日に58歳で亡くなった。
 
 上下二段組の小さな文字の本は読むのには辛い。青空文庫のもので読みたいと思った。高見順は谷崎と同じ年に亡くなったから「いやな感じ」は青空文庫にあるのではと、作家別のページをチェックした。ところが、公開されているのは「如何なる星の下に」と「死の淵より」の2編しかない。「いやな感じ」は作業中のリストにも入っていない。公開中の谷崎潤一郎の21編と比べるべくもない数だ。
 あまりにも寂しい没後50年ではないか。
「いやな感じ」はもちろん、「故旧忘れ得べき」も加えられてしかるべきなのに。
 誰か、作業する人はいないのか。
 
 字の小さい本を読むときには、その本のページをスキャナーでイメージにしてパソコン画面で読むのが近頃の私の読書方法だ。全部のページをスキャナーで取り込むから、この際、「いやな感じ」の文字入力もやってしまおう。それを青空文庫に送ってやろうと思いたった。
 気軽に作業を始めたが、入力に20日間、OCRを使ったから誤字だらけ。その校正に1ヶ月余かかった。3度読み返すはめになった。「いやな感じ」は400字詰めの原稿用紙にすると870枚ほどの分量だ。
 
 これだけの回数を読むこむと、高校生の頃に買った本を、今日になるまで、何故、全部読まなかった理由が分かった。私は政治や思想には興味の薄い人間なのだ。反面、情景描写は好きで、特に、第一章に出てくる私娼窟の雰囲気、浅草の牛鍋屋「米久」、どじょう料理の「どぜう」、東武線の曳舟駅を降りたあたりでのコウモリの描写、「その五 砂むぐり」の主人公の生家の家業の鋳物工場の描写がいいのだ。第一章が一番読み応えがある。第四章は読みたくもない。
 
 物語は1927(昭和2)年、東京都墨田区の東向島あたりにかつて存在した「玉の井」の私娼街へ行くところから始まる。
 以下、第一章、その一、の冒頭部分――底本は文藝春秋新社 1963(昭和38)年07月30日発行のもの。
いやな感じ 高見 順
 第一章
   その一 魔窟の女

  暗い踏切の手前で円タクをとめた。旦那、お楽しみですねと若い運転手がにやにやしながら、釣り銭を出した。なに、言ってやがると砂馬慷一すなまこういちはその小ぜに◆◆をひったくるようにした。道路の向うを汽車の線路が横断している。旧式の機関車がその道路の真中に立ちはだかって、老いぼれの喘息みみたいに、ゼーゼーと白い息を吐いている。市外の、ここは場末のどん尻だ。
 歩道のはじに屋台が並んでいる。縫い目に一列にとっついたシラミみたいだ。屋台はつぎはぎだらけの布でかこってある。この通りはからっからっ◆◆◆風が強いのか、ぼろ隠しのような布の下には重石おもしの石がつけてある。石は囚人を縛るような麻縄でからげてある。豚の腹綿を焼いている煙が、もくもくと布の間から立ちのぼっている。
 砂馬と俺は右手の路地にはいった。この辺が一等地だと砂馬は言う。上玉じょうだまの女が揃っているというわけだ。道の左手は、安いけど女が落ちる。俺たちは、その日、金を持っていた。リャクでせしめた金である。
 一等地の女は路地に出て、客の引っ張りをしたりはしない。この魔窟は女からひったくられやすいソフトをかぶって来るなとか、ポケットの万年筆を女に取られて泣く泣くあがったとかいうのは、同じシマでも場所がちがうのだ。「品よく」(とは砂馬の言葉だが)家におさまっていて、
「ちょいと、ちょいと」
 女の顔だけが見える小窓から、通りすがりの男たちに呼びかける。
「ちょいと、兄さん」
「ちょっと、ちょっと、眼鏡の旦那」
 両側から誘いの声がかかる。ちょんの間ちょんの間◆◆◆◆◆なら、一円五十銭でも自分を売ろうという呼びかけである。
「ちょいと、洋さん」
 洋服さんという意味である。ちょっと、その洋服を着た旦那――という呼びかけである。きょうとちがって、和服の着流しがまだまだ多かった頃である。
「ちょっと寄っといでよ」
「ほらほら、ちょっと、ここをのぞいてごらんよ」
 日の暮れるのが早い季節で、暮れてから大分になるが、時間としてまだ宵の口だ。だのに、細い路地には早くも人がひしめいていた。
 路地を行く男は、こうした両側の小窓から、女たちの眼と声の一斉射撃を浴びるので、これでなかなか度胸がいる。路地の真中を、ほかの用で歩いているかのような足どりで行くのは、こういう場所にまだなれない男である。ときどき、ちらっと横目で小窓のなかをのぞく。声をかけられると、大ゲサに飛びのいたりする。なれた男は、雨降りの軒伝いみたいにして、いちいち小窓をのぞいて行く。買いたい女を物色する。お、いい女だねえと言ったりする。これは逆に、寄る気のないちゃらんぽらんである。心得た女は、いけすかないねえとか、場所ふさげをするんじゃないよとやり返す。
 俺は、まあ、横目使いと軒伝いの中間みたいなものだった。
 気のせいか、この路地には、トロ(精液)の臭いとそれから消毒液の臭いが、むーんと立ちこめているみたいだった。女に飢えた男たちの息、熱っぽい人いきれもくさい臭いを放っているにちがいない。
 路地は迷路のようにつづいていて、家と家の間の、ひと一人やっと通れる狭い道には「抜けられます」と書いてあった。道の奥にも、買い手を待っている女がひそんでいることを、そうして示しているのだ。
 軒さきに鬼婆みたいなのが立っていた。そのうしろにセーラー服の少女がしょんぼりと顔を伏せている。初見世はつみせなのである。あるいは、初見世ふうにして売ろうとしているのだ。少女は黒っぽい素足に赤い鼻緒の下駄をはいていた。
「どうだい」
 と俺は言った。
「駄目だよ」
 と砂馬は言った。年増じゃなきゃ、駄目だと言った。
 セーラー服の少女は、近づいてその顔を見ると、少女とは言えない齢の顔だった。白粉おしろいがうまくのらない、むらむらの顔は、ついこの間まで野良で働いていた娘らしいとも思われる。砂馬はしかし、三十すぎた女でなきゃ話にならんと言う。砂馬の言う年増とはその齢頃のことである。そしてその年増とはあばずれという意味でもあった。
 あらゆるタイプの女がここにはいた。お好みの女を買えるのだ。こんよく探せば、自分の好きな映画女優に似た女が、きっと見出せる、そういう場所だった。思えば、淫売窟華やかなりし頃だったのである。


「いやな感じ」が青空文庫で公開になるまでには、年月がかかるだろう。興味を持たれた方は、以下に、第一章、第二章の全部を置きました。校正は完全でないことをご承知の上で読んでみてください。(2017年7月30日現在)
 底本は文藝春秋新社 1963(昭和38)年07月30日発行。

「いやな感じ」高見 順 ダウンロード
高見順「いやな感じ」第一章
↓テキスト版(zip圧縮)
ダウンロード→ iyanakanji_01.zip
高見順「いやな感じ」第二章
↓テキスト版(zip圧縮)
ダウンロード→ iyanakanji_02.zip

高見順「いやな感じ」第三章 2017年8月末の予定
高見順「いやな感じ」第四章 2017年9月末の予定